精霊流し


祖父の初盆のため、長崎へ帰省。
「精霊流し」を行ってきました。

「精霊流し」(しょうろうながし)とは、
長崎など九州の一部の県で行われている、
死者を弔う行事のことです。

提灯や造花で飾り付けた精霊船を、
「流し場」と呼ばれる終着点まで、
家族で運びます。

そして、この行事に欠かせないのが、爆竹。
精霊船を目的地に運ぶまでの間、間髪入れずに鳴らし続けます。
冒頭に載せた写真は、今回わが家で準備したものです。

ですから、毎年8月15日の長崎では、
夕方頃から爆竹の音が鳴り響いています。

「精霊流し」という文字ヅラや、
長崎出身の歌手さだまさしさんの楽曲「精霊流し」のイメージから、
しっとりした行事だと想像されがちなため、
現実とのギャップに驚かれることもあります。

遺族として参加したのは、私も今回が初めてでしたが、
この爆竹のおかげで、しんみりせずにいられるという
効果もあるのではないかと感じました。

精霊流しは祭ではなく、
あくまでも弔いのための行事なのですが、
その珍しさからか、観光客も少なくありません。

興味がある方は、是非、
盆の時期に長崎にお越しください。

ちなみに、耳栓は必須です。

ページ上部へ